タローズ・ロゴ フロアーコーティング 水廻りコーティング 内覧会立会代行 UVカットフィルム施工
ご用命はハミングでお馴染み信頼と技術のタローズへ
サービスエリア:神奈川 東京 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬 静岡 山梨
タローズ・ロゴ
HOME会社概要コーティング内覧会立会価格表見積りFAQお問合せ
  HOME >> COATING >> フロアーコーティングの工程

フロアーコーティングの工程

メニューへ

ここでは、ハミングの水性フロアーコーティングの施工の工程を説明いたします。

概略の工程

指定時間にお部屋に伺います → 施工箇所の確認 → (必要に応じて) 鍵預かり →
作業開始 (お客様には退出して頂きます) → 作業 → 携帯電話に終了予定を連絡 →
お客様と共に完了の確認 → 終了

お部屋の引渡し

鍵の開閉と確認

作業工程

下準備


扉部分の養生・巾木の全てを養生"

照明設置

清掃


和室白木部分を養生、ここでは高さを作る。

・掃除機掛けをします。
 この時、傷やかすれ・業者ワックスの塗り斑がないか、等々見ながら作業します。

・水拭きをします。
 この時使う水は、コップ1杯~2杯分くらいです。モップを固く絞った状態程度の湿り気(脱水雑巾)で行います。

・コロコロを掛けます。
 粘着テープの付いたローラーを使って、コロコロを掛けて行きます。部屋の隅全てと、床面全てに行います。髪の毛や小さなゴミ、掃除機で取りきれない埃を取り除きます。
※ お客様の方で、事前にお掃除をする必要はありません。


養生

階段部分の養生

カーテンの養生



補修( 下地調整 )



コーティング

ジェットヒーターと扇風機の準備・コードの配線

リビングの乾燥風景

リビング直線部分の乾燥

弊社の施工は、お部屋や廊下・収納を細かく区切り、そのブースごとに1つずつ仕上げていきます。
それぞれのブースを仕上げるのに最良の温度と風を準備する為に、各ブース毎に最適の設置を行います。つまり、8ブースの場合は、8回の設置を行います。


コーティング

弊社の手法で行えば、一人でも完全に近い施工が可能ですが、通常は二人のスタッフで、コーティングを進めて行きます。


乾燥

コーティングが終わると、すぐさま乾燥させます。(1ブース完成)
次のブースに ジェットヒーターと扇風機を設置・コードの配線をセッティングしたら、ブースを清掃し、すぐさまコーティングし、乾燥させます。(2ブース完成)

このように、設置→清掃→コーティング→乾燥 の作業を繰り返し、全てのブースが終了すると、一工程の完了です。

ブースの数によって違いますが、床面はかなりの回数お掃除することになります。


水廻りコーティング・玄関コーティング

水廻りシリコンコートの施工を一緒に注文された場合は、それぞれの床ブースの乾燥待ち時間を利用して清掃・下地処理までを行います。
シリコン本塗りは、フロアーコーティング施工の終了後に行います。
1名は片付けを行い、もう1名の職人が行います。よって、終了時間は若干遅くなりますが、大きく違うことはありません。
玄関コートは、全てのコーティングの最後となります。

片付け・最終確認


お引渡し

入室禁止張り紙

前のページに戻るこのページの先頭へ移動

メニューへ


Copyright © 2002~ (有)タローズ All Rights Reserved.