タローズ・ロゴ フロアーコーティング 水廻りコーティング 内覧会立会代行 UVカットフィルム施工
ご用命はハミングでお馴染み信頼と技術のタローズへ
サービスエリア:神奈川 東京 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬 静岡 山梨
タローズ・ロゴ
HOME会社概要コーティング内覧会立会価格表見積りFAQお問合せ
  HOME >> COATING >> お役立ち情報メニュー >> 綿棒補修法

フローリングの綿棒補修法

メニューへ

コーティングしたフローリングについた小さな傷や剥がれを簡単に補修する方法です。


1.準備

剥離する前の床まず初めに、お手元に「補修キット」と、めん棒、ドライヤー、 延長コード、ボロ雑巾およびティッシュペーパーをご用意下さい。 補修キットは、中身のワックスボトル、メラミン、スチールウール を袋から取り出しておいて下さい。
ワックス、メラミン、スチールウール、めん棒ドライヤーはコンセントに接続し、必ず手の届く場所に置いて おいて下さい。その際、補修の箇所全体に風を当てられるように、 ドライヤーが届く範囲を確認して下さい。また、必要であれば延長 コードをつないでおいて下さい。 ドライヤーの準備をおこたると、塗布後の数十秒間のタイムラグで ワックスの白化を招くことがあります。必ず事前に準備して下さい。



2.研磨

一部が剥離した床一部が剥離した床
スチールウールを優しくあてがうワックスの剥がれた部分と、その周囲との”段差”をすり減らすために 、まずは、スチールウールを使います。スチールウールで、剥がれた部分のまわりを研磨することで、その”段差”が低くなります。そのことによって、ワックス塗布後にどうしても現れてしまう、ツヤの不均一が軽減されます。
ただし、スチールウールは非常に摩擦抵抗が強いので、削りすぎると 床材を傷めてしまいます。削りすぎ・広がりすぎ等取り扱いには十分にご注意下さい
剥離した床の断面剥離した床の断面と補修概念
メラミンで周囲を均していく次に、たった今スチールウールで研磨した箇所を、今度はメラミンで 研磨していきます。メラミンは、スチールウールよりも摩擦抵抗が弱い ので、スチールウールで荒削りにした箇所をメラミンで均(なら)して いくという意味合いの作業です。



3.塗ってみましょう。

ボトルキャップにワックスを注ぐワックスボトルのふたを開け、ふたにワックスをごく少量だけ 注ぎ入れます。(紙コップでも構いませんが、底が深すぎてめん棒が 届かないため、半分ぐらいに切っておくといいでしょう。)
研磨後の補修箇所画像のように広い範囲のワックスが剥がれている場合…

  1. まずは剥がれた中央箇所にのみワックスを塗り、乾かす
  2. 次に、中央箇所を含む、研磨箇所全体にワックスを塗る
といったように段階的に塗った方がいいかもしれません。その方がより ”平ら”になるので、ツヤも均一になります。(器用さに自信のない 方や、あるいはほんのわずかにしか剥がれていない場合、全部塗って しまっても構いません。)
手元には雑巾かティッシュを。それでは塗っていきましょう。手元に雑巾かティッシュペーパーを 置いておき、めん棒をワックスに浸しすぎたと感じた場合、軽く ぬぐって下さい
剥離部分にのみ塗布先述のとおり、まずは中央の剥がれた部分にだけワックスを塗って いきます。塗ったら即座に乾かして下さい。その際、調整可能なら、 ドライヤーの風は微弱の温風にして下さい。いきなりターボの風を 当てるとワックスが風で寄ってしまい、そのまま固化してしまうことが あります。ターボしか出ないドライヤーの場合は、手などで風を緩衝し 、塗布面に直接当たらないように工夫して下さい。
ドライヤーを弱風であてる乾燥は十分に行って下さい。
ドライヤーでの乾燥が済んでも次の工程まではけっしてあせらず、少なくとも5分~10分は放置して、床を冷やして下さい。
どんなに小さな箇所でも、塗りムラになるととても目立ちます。
研磨した箇所も全て塗布さて、乾燥が済んだら先ほどよりも中央箇所の光沢は周囲に馴染んで いるはずです。今度は中央箇所を含めた、補修箇所全体を塗って みましょう。
塗布後塗り終わったら、先ほどと同じ手順で乾燥します
乾燥後画像のように、周囲と均一に馴染めば補修成功です。これ以上に 光沢を馴染ませようとして、めん棒での補修を続けると今度は逆に クオリティが下がっていきます。
自信のない方はここで止めておきましょう。




4.仕上げ

仕上げにワックスを塗る範囲これ以降の工程としては、肌着の切れ端などを使って、だいたい白線で 指定したぐらいの範囲を、大胆に塗っていきます。

5.比較

Before

After

乾燥を終えたら、以上で作業工程はすべて完了です。少し見栄えが悪いこともあるかもしれませんが、補修では、もう一回だけ、 もう一回だけというふうに重ね塗りをしていくと、玄人でさえ悪循環 に陥ってしまうことがよくあります。肝心なことは、妥協点を決め、 きりのいいところであきらめることです。
上の写真が補修前、下の写真が補修後です。

メニューへ


Copyright © 2002~ (有)タローズ All Rights Reserved.